お茶を一杯

zipgrrl.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

憧れの加茂荘へ

d0365586_23362019.jpg

5月19日。
ひとり慣れない高速道路を、肩に力を入れて1時間半。懐かしい浜名湖を抜け、掛川の加茂荘に到着しました。受付兼お土産やさんを抜けると、夢のような空間が広がっていました。


d0365586_23362116.jpg

かもさんおとおり。
無料の餌が置いてあって、そのカップを持つとたくさんの鴨に囲まれちゃうことが出来ます。

d0365586_23362112.jpg

ここは、元は大きな大きな庄屋さんのお宅で、多くの権力者や文人たちが訪れ、お屋敷には彼らが残した美術品が至る所にありました。
お屋敷を自由に歩き、縁側に座ってゆっくりしたり。なんて良い時間なのでしょう。
とても感じの良いご婦人が出て来てくださり、お屋敷の話をしてくださいました。お庭のお手入れ、かまどの火の事、どんな方が訪れたのか、美術品についてなどなど。
ナギという木の葉が魔除けになること、雄の木と雌の木がお屋敷の中と外にあって、たくさん実がなること。お庭に出て、苗を分けてくださいました。和紙で折った手づくりのお守り袋に葉と実を入れてもくださいました。

この器に入っているのは、彼女が餅米と麹菌から作ったもので、ほんのり甘くてとても懐かしいお味でした。個人の懐かしさというより、お米を食べる人皆の懐かしさというのかな。疲れが吹っ飛んでいきましたよ。

d0365586_23362275.jpg

お客様のいる間は火を絶やさないのだとか。苦労話もまたたのし。

d0365586_23362355.jpg

そう、ここの事を知ったのは、紫陽花がきっかけでした。

d0365586_23362323.jpg

もう5、6年も前になるでしょうか。神戸は甲南山手の街角で、こんな紫陽花を見たのです。衝撃を受け、なんて可愛いの!と、調べてみたら、これはダンスパーティーという品種。育種したのは、掛川の加茂荘さんだという。
何度もホームページを見てはうっとりため息。
他にもたくさんのそれぞれ魅力的な品種があって、通販でも買えるのだけどそれも味気ないし分からないし。実際に咲いているところを見たかったのでした。

d0365586_23362441.jpg

庄屋さんが、大きな仕事を終えた時に振る舞ったという、庄屋弁当。噛みしめるごとにおいしくて。生姜やミョウガなどが入ったお味噌が美味しかった。お茶どころだけに、お茶も美味しかった。

d0365586_23362498.jpg

これはテマリテマリ。ピンクも水色も可愛い。

d0365586_23362558.jpg

アニメ、氷菓の舞台の1つでもあり、この聖地を訪れる若者が絶えないそうです。

また行きたい。秋の紅花の頃かな。運転こわいけど、行っちゃうかも。

[PR]
by zipgrrl | 2017-05-30 23:01 | Comments(4)

ユスラウメ実る

d0365586_06183994.jpg


庭の柿の木の下に、目だだない小さな木があって、桜の頃に白い花が咲いていた。
昨日草むしりに入ったら、紅い実がたわわだった。ユスラウメ!娘の大好物。いちごのパックにいっぱい採れましたよ。

d0365586_06183955.jpg

これは食べられないヘビイチゴ。

d0365586_06184064.jpg

我が家のなんちゃってハーブ園スペースになびいているのは、オオキンケイギク。
なんと特定外来生物で、原則として栽培が禁止されているらしい。きれいだしよく増えるしで、河原の緑化植物として取り入れたら、在来種を駆逐してしまったから、もう植えるのはやめましょうということらしい。
うちの荒れたハーブ園がお花畑になって嬉しいのだけど、ちょっと減らそう。




[PR]
by zipgrrl | 2017-05-29 22:19 | Comments(2)

鎌倉まで歩く

稲村ガ崎から鎌倉へ、隠れ家的バーを目指して歩く。

稲村ガ崎の駅は改装されて、新しい木の屋根が眩しかった。線路脇の肉の稲村亭で母がよく買って来てくれた焼き豚を買う。今は真空パックになっていた。

極楽寺までの細い道には、遠い学生時代には無かったおしゃれなお店が幾つも出来ていた。行かれますか?と声をかけて頂いたのは、子どもの本のお店。木彫りのクマさんが迎えてくれる。

急な階段を上ると、2人の可愛いお嬢さん達が遊んでいた。ああ、上質な本が厳選されているのがわかる!面白いと教えてもらった本を買う。

極楽寺が好きで、鎌倉に来るといつもこの坂を歩くの。と。緑の坂を降りる。あ、少し咲いてる!振り返ると早咲きの紫陽花が見えた。

d0365586_08244021.jpg

力いっぱいののれん

友人母の友人宅の横を通り、観光客で賑わう長谷の通りを渡る。老夫婦の乗った車が通り過ぎる。週3回鎌倉の病院に通っていた母を、帰省時に送り迎えした道。観光客の量を予想して、道を選んだものだった。由比ヶ浜通りを見たい時はこの道。

夢というものを見なくなって久しく、母を身近に感じることが少なくなっていたけれど、やはり一緒に過ごした場所は良いのだ。

由比ヶ浜通りはおしゃれなお店がまたまた増えたけれど、老舗もまだ古い建物を大切に頑張っている。そんな老舗の事を教えてくださるのは、北海道の方。よく勉強されているなあ。

六地蔵を曲がり隠れ家的バーに到着。
私はお店の前で皆さんとお別れ。

d0365586_08244174.jpg

また来ます。
[PR]
by zipgrrl | 2017-05-28 07:54 | Comments(6)

山アジサイの隠れ里

そうだ、山アジサイの隠れ里というところがあります。このすぐ近くだけど、なかなかたどり着けない所だからみなさんをご案内しましょう。

d0365586_07522667.jpg


そう言って連れて行って頂いたのは、線路を北に渡って路地を曲がり、細い急な脇道を登った所。
d0365586_07503631.jpg

調べたら、これはキリンソウ。以前はマンネングサ属に分類されていたけれど、キリンソウ属として分けられたのだとか。

d0365586_07503735.jpg

こんな坂道です。

d0365586_07503774.jpg



d0365586_07503947.jpg

d0365586_07503984.jpg


d0365586_07504070.jpg

これには驚いた。何と八重のドクダミ!
お家の方も、面白いでしょう?と。やはり一本頂いて来るのだった。いつかまた。

d0365586_07504148.jpg

海を見下ろす。
下界のあの強風が無いですね、そうなんですよ、ここは降りた方が風が強くて寒いんですよ。

d0365586_07504195.jpg

早咲きのイワタバコを見つけて下さった。
[PR]
by zipgrrl | 2017-05-28 07:34 | Comments(0)

タベルナ ロンディーノ

ロンディーノは、母との思い出の場所。
当時味と香りを失っていた母が、何か美味しい物を食べに行こうと誘ってくれた。

出されるお料理はどれも美味しいのに、母は感じることが出来ない。それでも、美味しい美味しいと食べる私を見て喜んでくれていたのだろう。

最後に桃のシャーベットが出たのだから、季節は夏だったのだろう。母が、あ、わかった!と言った。その日から徐々に母の味覚は戻っていったのだ。

d0365586_07334763.jpg

やはりこちらでは、イカ墨のスパゲティを。
母と来た日もこれ。口を真っ黒にして頂きました。

d0365586_07334820.jpg

ロンディーノのカップ。

d0365586_07334971.jpg

窓越しの海にはサーファーが見える。こんな日は良い波が立ちにくいのだそう。
[PR]
by zipgrrl | 2017-05-28 07:21 | Comments(0)

ご縁

海の匂いを嗅いだのは久しぶりだった。
鎌倉の海に対する憧れから始まったご縁があり、昨日はそのお陰で浜に立つことができた。

みなさんとのお話は楽しく、時間はとてもはやく過ぎ。これを記念に、途切れていたブログを再開する事にした。
エキサイトブログは、写真のアップも楽々。

これまで時々前のブログをのぞいてくださっていたみなさま、ありがとうございます。これからはこちらでお願いします。

d0365586_06582173.jpg

うっすらと富士山が見えた。

d0365586_06582265.jpg

大潮で、浜が広い。早足で歩きつつ、写真を撮ってしまう。

d0365586_06582354.jpg

空の波も押し寄せる。

d0365586_07111531.jpg

綺麗なボードで赤の差し色?これじゃメインね。

d0365586_07215003.jpg


ペケポンが空にも

d0365586_07111748.jpg

鎌倉のフリマは一味違う。とてもおしゃれ。

d0365586_07184908.jpg

浜は歩きにくいことを思い出した。なかなか進まない。やっと音無川の橋を渡って‥

d0365586_07185010.jpg

やっとロンディーノに到着!
[PR]
by zipgrrl | 2017-05-28 06:00 | Comments(2)